WORKERSのこれから、ポップアップショップに向けた意気込み

2016/08/25 | By | Add a Comment

9月10〜11日に開催されるPopup Shop
これに伴い、TCBのこれまで、WORKERSのこれまで。お互いの出会い、そしてこれから・・・といった対談記事を数日にわたりアップいたします。
基本的に先行してアップされたworkersのblogと同じ内容になりますが少しだけ写真を追加して御紹介出来たらと思います。

WORKERSのこれから、ポップアップショップに向けた意気込み
スペースの都合でWORKERSのこれから、が独立していまいました。
という事で、WORKERSはこれからどうなりたいのか。
そして、TCB・WORKERSともに今度のポップアップショップに向けた意気込みを最後に語ります。
popup

TCB: WORKERS、これからの目標は?

WKS: 誰が着ても、その人の良さがにじみ出るような服。それをプロの技術でつくれるようになりたいです。

TCB: 具体的には?
DSC_2875

TCB×WORKERS
こんな風に、他のメーカーさんと合わせてもしっくりくる、着てる人の人柄が出る服を作りたい
※普段blogやSNSで自ら出演する事は殆ど無い舘野さん、写真に出てくる事自体がレアですが、workersにTCBを合わせて着用してくれています。
20160723-DSC_8530
そして現在、世界中でTCBとWORKERSを一緒に販売してくれてる店も増えつつあります。

海外だとLONDON 台湾 トロント タイランド
国内であれば、
dempsey clothing
14115042_926260017501317_1001332553805301165_o
head berry
unnamed-1

unnamed
uncle john

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


sweet sue
unnamed-2

unnamed-3

WKS: 自分が作りたいもの、着たいものを作るのは大前提。じゃぁ、自分が作りたい・着たいものって何か?って考えた時に思い浮かぶのはベーシックな服。私自身もそうだけど「ファッションピープル」じゃない人でも着られる服。つまり、だれでも着られる服。昔見た、ビンテージの良いなと感じた部分を取り入れた服。着こむことでより愛着が湧く服。デニムであるとか、パッカリングであるとかもそうだけど、着こんでくたびれたセーターもそうだし、袖口がほつれてきたツイードジャケットもそう。そんな洋服を作りたい。

TCB: それをプロの技術でというのは?

WKS: そんな服を、自分の身の回り。目の届く範囲で。品質を維持・高めるためにはだれが作ってるかわからないじゃダメ。WORKERSで企画する服は思いもよらない部分に大事なポイントがあるので、それをわかってくれる工場が必要。WORKERSが、その工場を丸抱えにできるほどには成らないけれど「WORKERSの製品は品質・納期・単価ともに無理が無い」とか「うちの工場の強みを生かした物を作っている」って言われるようになりたい。
工場を持たない、ファブレスメーカーとして「工場の強みを工場自身よりもわかった物作り」をしたい。それって、一言で言えば「プロだな」って思うんだよ。
DSC_2156

DSC_2491

縫製工場だけじゃなく、糸染める工場だったりネクタイ工場だったり。
出来る限り、その工場に行って、また次のアイデアをもらったり。
おこがましい事言えば、その工場が気付いてない価値を探し出して、それをWORKERSの企画で形にできたら本当のプロだと思う。

TCB: 確かに、服を企画するうえでプロである条件・・・色々大事なポイントはあると思います。時代の流れを読めるとか、コーディネート提案できるとか。そんな中でWORKERSが目指すのは、工場の強みを生かした企画なんですね。でも意地悪な質問すれば、だったらファクトリエも大きな意味では同じことをしているし、工場がもっと前面に出てますよ?

WKS: 確かに。でも、そこで最初の話に戻るのよ。「自分が作りたい、着たい服が大前提」にね。アイデンティティというのか、自分が生きた証というのか。それを残したい気持ちはあるからね。

TCB: そのお互いがやってきたことの証拠というか、形を直接お客様に見ていただいて、話が出来るのが今回のポップアップショップですね。

WKS: そう。TCBもWORKERSも、基本的にはネットやブログが自分の考えてること、気持ち、思いを伝える場所。世界中の人に、時間関係無く見てもらえる強みはあるけれど、やっぱりどこかでもどかしさを感じていたでしょ?

TCB: そうです。写真だけでは中々伝わらない上に、僕はWORKERSみたいに文章で伝えるのも苦手ですから。

WKS: だからこそ今回、ポップアップショップをやろうかな~と考えた時にTCBに声をかけたのです。頑張って、お客様に自分が何を作ってるのか、どうやって、どんな思いで、どこを大切にして。そんなことをお互いの言葉で伝えてみましょう。

TCB: さらに、TCBはTCBにしか出来ない事。ミシン持って行って、裾上げもやります。どうぞ、9/10-11のポップアップショップ、是非足を運んでみてください。

DSC_2884
この太った二人の猫好きがお待ちしております。
何と言っても、お互い、ステッチの一本、型紙の線一本まで「どうしてこうなったか」はわかります。
自分で企画してますから。
是非、WORKERSの製品、TCBの製品の現物を見比べて、その作りの違い。
ひいては考え方の違いを感じ取ってください。
9/10-11、中目黒でお待ちしております。

※何日間かに分けて二人のストーリーを自分たちも振り返りながら書いて来た訳ですが、読んで面白い人がいるのか?
って何時もドキドキしてました。
いつもは工場に居ますのでお客様に触れ合う機会がとても少ないので自分自身も楽しめたら良いなと思っております。
当日は宜しくお願い致します。
TCB 井上

Tags:

Category: Jeans, お知らせ

Leave a Reply