TCBjeans60’s 6

2012/06/13 | By | Add a Comment


tcbjeans60’sの大股は50‘s同様にミシンを改造してvintage同様の何とも言えない幅で、且つチェーンステッチで縫製しています。
色落ちした頃にこの拘りの意味を分かって頂けると思っています。

そう言えば、児島ではインシームの事を大股(オオマタ)と呼びます。
格好良く言えば業界用語ですが、何となく最初大股と呼ぶのに違和感が有りました。

因に地場の呼称として大股以外には……
チェーンステッチ→環縫い
ベルトループ→サルカワ
コインポケット→時計落とし(これは何となく分かる)
フラップ→雨蓋
今すぐ思い出すだけ並べましたが、昔ながらの現場ではこう呼びます。
東京のお客様と話をしてるとカン止めの事をバータックって呼ばれる方が多いですが、児島では伝わりずらいので御注意下さい(笑)
一時期個人的にファスナーの事をチャックと呼ぶのがマイブームでしたが、浸透力が高い呼び方で呼ぶのがチームワークを要する製造業では大事な事なので控えております。

Tags:

Category: TCBjeans60's

Leave a Reply